アパートやマンションを建てる時には、その後の経営をどうするかが頭の悩むところです。中には不動産業者と協力しながら自分でなんて人もいますが、なかなか知識や体力や時間がないとできません。
そんなときに聞こえてくるのが、サブリースと管理代行です。なにやら同じようなものに見えますが、その違いをここで知りましょう。

サブリースとはどんな経営スタイルなのか?

サブリースは、以前に一括刈り上げとして有名になったものです。これは不動産業者がアパートやマンションのオーナーから部屋を借りて、それを入居希望者へと貸し出します。その家賃からオーナーへ支払いが行われる仕組みです。また、経営はすべて不動産業者となるので、メンテナンスもすべてやってくれます。

このサブリースのメリットとしては、空き部屋でも、一括しての刈り上げなので、その分もお金が入ってきます。

管理代行とはどんな経営なのか

これもサブリースのように、管理代行の業者がアパートやマンションの入居希望者を募り、その人たちに貸し、家賃が入ればその中からオーナーへも支払われるのです。アパートやマンションのメンテナンスも管理代行の業者が行います。
しかし、空き部屋があった場合にはそのぶんは、収入は無しとなってしまいます。

また管理代行すべてを任せることもできれば、一部だけと言うように管理代行の内容の選択も可能となっています。

どちらがよいのか悩むところ

確かにどちらがよいのか悩むところです。しかしもしも、立地条件に自信がなく、不動産業者のサブリース契約の条件がいいときには、やはりサブリースが空き部屋対策としてお得です。
しかし、もしも立地条件がよく常に入居希望者が集まりそうであれば、管理代行の方が、実は手元に入る収入もサブリースよりも増えます。

アパートやマンションの立地条件や将来性を踏まえて、選ぶべきと言うことです。

関連する記事