自分の土地にアパートやマンションを建てたものの、経営の自信はないなんて人がほとんどでしょう。だいたいは、アパートやマンションの建設時には不動産業者と建設後の経営も相談されて、決まっていることが多いでしょう。
今でもサブリースが人気です。専門の不動産業者に任せるのですから安心なんて人がほとんどでしょう。
しかし、ちょっと待ってください。本当に任せっきりでいいのですか。

サブリースでは入居者の情報は公開されない

サブリースとはいえ、アパートやマンションは自分の持ち物です。それを不動産業者に貸して、そこから又貸ししているようなものです。
また、アパートやマンションの一室がそのままオーナー自身の自宅なんてこともよくある話です。
ですので、やはり入居者の情報は気になるでしょう。

ところが、契約書ではこうした入居者の情報は、オーナーにも公開できないなんてことがあるのです。つまり契約書に公開できると書いていなければ、それを理由に公開を断ることもあり得ます。

意図しない人や使われ方が

本当は閑静な住宅街でアパートやマンションをたてたのに、若い人がよく出入りして騒ぐ、また部屋の一室を事務所として使われる、またお店として改造されるなど、もともとのオーナーが予想しない人や使われ方をされることも増えています。
これも実は、不動産業者が入居者の情報は公開せずに、オーナーの意図は汲み取らないため、勝手に進めた結果と言えます。

そのため、同じアパートやマンションでオーナーがうるさくて困った、またサブリースが終わったあとに工事をしなければならなくなったなどのことも起きているのです。

入居者に関しては

こうしたことがないように、またあらかじめ知っておくことも今後のためには必要でしょう。
契約時には入居者の情報やこうした人だけを募集してほしいと要望を伝えることも、成功のためには必要と言えます。

関連する記事