DVDコピーに関する法律について

あなたはDVDコピーを行なったことがありますか。
著作権に関する法律が厳しくなって来たことに伴い、コピーに関しても厳しい規制がたくさんできました。
そこで無知なままコピーを行なうことは大変危険なのでコピーに関する法律について理解しておきましょう。
この度2012年10月1日から著作権法の一部が改正され、厳しく取り締まられるようになりました。
技術的保護手段が施されたことにより、テレビの録画と市販のDVDに入っている内容を権利者の知らない所で複製する行為は、個人用途や家庭内利用の範囲として該当しないと見なされ、違法となってしまいます。

そのためテレビの録画や市販のDVDに対して複製のためのツールを利用する場合は、Discの再生目的のみで利用するようにしましょう。
また、複製や変換を行う際には、自作のDVDや家庭用のビデオカメラで個人的に撮影したものを利用するようにしてくださいね。
今まではアンダーグラウンドではばれてこなかったDVDコピーですが、著作者の権利を守るためや、作成者の思いを守るために遂に法律が整備されました。
今回の改正では、有償の著作物をダウンロードする行為に対し、2年以下の懲役、または200万円以下の罰金、あるいはその双方が課せられることになっています。
違法という扱いになってしまったからには知りませんでしたという言い訳は通用しないため、あなたもコピーを行なう際はきちんとルールを理解した上で行なうようにしてください。
3tjytj-150x150
あなたはDVDコピーをする上で気をつけるべきことをきちんと理解していますか。
みなさんも知っている通り2012年10月1日より改正著作権法が施工されました。
主な内容としては違法ダウンロードの罰則化と、コピーガードを解除してのディスクコピーの違法化です。
そのため、全面的にリッピング自体が違法行為となってしまいました。
ネット上では施行前から話題にはなっていましたが、まだ一般的には認知度が非常に低く、具体的に何が違法なのかを正確に理解している人も少ないのではないでしょうか。
もしかするとあなたも知らない間に違法なことをしてたかもしれないため注意が必要です。
技術的な保護手段の解除や回避は法律に違反してしまうため注意をしてください。
リッピングは、DVDからデジタルデータをそのままパソコンに取り込み、パソコンで扱えるデータ形式に変換することを言います。
これがDVDのコピー方法として一番知られている方法の一つです。DVDコピー|DVDプレスの日本ビデオサービス・ディスクズというこちらのサイトも参考にしてみて下さい。
1999年の著作権改正法では、DVDのコピーコントロールを解除して行なうリッピングは違法になっていましたが、CSSというアクセスコントロールの方法は、この著作権法に触れておらずCSSを解除してのリッピングは最近まで合法になっていました。

しかし、今回の法律改訂により、CSSのアクセスコントロールを解除してのリッピングも違法となってしまいました。どんな基本的な技術的保護手段の解除も、私的目的でなくなると判断されるため違法になりました。
あなたもDVDコピーを行なう際には違法にならないように気をつけてください。自分で行うよりも、DVDコピー業者へ頼む方が無難かもしれませんね。

更新情報

2015/04/10
DVDコピーに関する法律についての情報を更新しました。
2015/04/10
DVDコピーのおすすめソフトの情報を更新しました。
2015/04/10
DVDコピー依頼時の基本的な流れの情報を更新しました。
2015/04/10
サイトマップの情報を更新しました。
2015/03/06
DVDコピー業者とは?を新規投稿しました。
△PAGE TOP